匠の技!魚政の茹で松葉かに

魚政の茹で松葉かには、活け〆にこだわります。

元気な活きの良い松葉かにを水槽から取り出し、身詰まりを最終チェックします。

茹で用の松葉かには、蟹の中でも、もっとも身詰まりの確りした物を選びます。

魚政の茹では、活け〆にこだわり、茹でています。

蟹の活け〆とは、活きた蟹を地下水(真水)につけて、すばやく息の根を止めます。
そして間髪入れずに茹で釜に入れていきます。

松葉かに独特の縦の極めの細かい繊維質は、活け〆する事で際立ち、甘みや香りも豊かで、かに味噌もコクがあり、濃厚です。
弱ったり死んだ蟹では、肉質が悪く、本来の蟹の美味しさがお伝え出来ない為です。



 

他に真似できない、専門店ならでは、味でお届けします。

大手の加工業者は蟹をスチームで大量に加熱しますが、魚政は、昔から
炊きあげる方法をとっております。

スチームは、大量にこそ出来ますが、火加減にムラがあり、塩加減も同様に
ムラが出てきます。

手間暇は、かかりますが、美味しさを第一優先に、炊きあげで、茹でております。

専用のステンレス釜に入れ強力バーナーで一気に沸騰させ、沸騰した所で
火を弱め、じっくりと味が馴染むように茹でていきます。


そして最大の美味しさの秘密は、一度に大量に茹でる事。

大量に茹でる事で蟹の旨みが釜全体に深まり、滲み出てきたエキスが更に美味しくしていきます。
他には、真似の出来ない、毎日大量に茹でる卸問屋ならではの、味と言えます。

地元産天然塩でミネラルたっぷり! 味まろやかに!

茹でに用いる塩は、地元の海水100%から炊きあげた天然塩。
丹後の蟹には、母なる海の味が一番似合います。

この塩のお陰で程良い塩加減、ミネラルたっぷりのまろやかな味に仕上がります。

常に安定した味をお届けする為、塩分計で塩加減をチェックをしていますが、身質、時期、大きさ、量等で塩加減が違う為、職人が自らの口で塩加減を最終判断します。

匠の技 茹でへのこだわり

そして忘れていけない大切な物が、もう一つ。

それが茹での技術。

単に茹でるだけ、湯に入れるだけでは、ありません。
品質、量、大きさ、時期、温度など、茹でる状況も様々。

茹で職人が、長年の経験と知識で、茹で時間、塩加減を判断していきます。

釜の大きさ、入れる量で、沸騰するまでの時間(吹き上がり)が違う為、
沸騰するまでの時間さえも各釜ごとにすべてメモし、職人が付きっきりで
釜の前で目配りします。

1分の茹で時間の違いが大きく味に左右します。


茹で上がった蟹は、素早く水できれいにあらいます。
身を引き締めると共に、表面の灰汁や汚れを取ります。

その後、冷蔵庫で冷まし、半日から一日寝かせます。
かに味噌を固め、熟成されていきます。

あつあつの湯がきたての味も良いですが、寝かせる事により、
旨み成分が増し塩梅も良くなっていきます。

茹でせこかに(茹でこっぺ)

せこかにも、松葉かに同様に茹でていきます。

松葉かにと違う所は、塩加減。外子がある為、同じ塩加減では、味が決まりません。松葉かによりも多少濃いめで味付けします。

茹で上がったせこかには、灰汁、ぬめりを取るため、きれいに一匹づつ丁寧に流水であらいます。

あらった後は、外子が多少水くさくなるので、魔法の水に浸し、味を整えます。
大変な作業ですが、これをする事によって絶妙な塩加減が保たれます。

せこ蟹も大手スーパー、旅館、民宿への卸業もあり、毎日大量に茹でています。
だから、何処にも真似できない、魚政ならではの、味になっています。


海鮮の匠 魚政・ホームへ戻る

ショッピング・ホームへ戻る


魚政(うおまさ)の松葉蟹・セコガニ関連動画

魚政(うおまさ)の過去の特集記事


セコガニ宝船 甲羅盛り
魚政 (2014年特集)

蟹コンシェルジュの店
魚政 (2009年特集)

浜湯で松葉ガニコッペ
魚政 (200X年特集)



会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2017 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます