白山鍬シリーズ

開発についての説明

*土づくりは 畑の表面を小山の状態に深くもあり、浅くもあり、要するに交互に鍬を 使い分けます。
*タツオ交換式金鍬は各種の鍬部分を一本の柄によって交換を可能にした農耕作工具(農耕具)です。
  (実用新案登録 登録第3090688号 平成14年10月2日 )
*鍬部分は強硬に造られ多少の衝撃にも耐えることが出来ます。
*農地で田畑を耕すことは重労働ですが、身長と体力に合わせた鍬の選択が出来す。
*しかも、柄と鍬部分を分けることで、様々な用件を満たすことを可能にしまた。
*鍬部分の刃には焼入れ鋼を使用し、工作機械で部品を造っています。
*鍬の歴史は古来より今日に至っても形成は変わりませんが、「タツオ交換式金鍬」  は常識を変える鍬です。

                      タツオ生産技術研究所
                       研究員 瀧元 達雄

交換式金鍬

*固い土などに食い込み鍬の重量感がバランス良く耕作が可能です。
*大型農業から家庭菜園・造園まで幅広く活用が出来ます。
*地域・土質などに合わせて鍬の使い分けが出来ます。(場合によっては特別製造も 致します。)
*部品の組み合わせで、体力に合った鍬の選択が出来ます。
*全ての部品構成が規格化されていて、必要とする箇所が交換出来ます。
*工具箱に鍬が収まりスペースを取りません。家庭の玄関・ベランダ等で保管管理が 出来ます。
  


[写真を拡大する]
四つ爪鍬で一振りで根元まで

[写真を拡大する]
打ち引き鍬で、引きながら耕す

[写真を拡大する]
荒れた田畑に鍬が入る

鍬の常識が変わる。

季節に応じて、金鍬を使い分け、全てが経験の中で鍬を使いこなす。


[写真を拡大する]
草刈り鍬で雑草を刈り取り

[写真を拡大する]
冬には、豪雪でも鍬で除去

[写真を拡大する]
家庭菜園の栽培風景

タツオ金鍬・ホームへ戻る

ショッピング・ホームへ戻る

会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2018 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます