◆この店舗は商品購入額\10,000以上で配送料無料 →(配送料無料の例外/注意事項はこちら)

ニュース&トピックス

富山県産コシヒカリ「戦国 合戦米 2kg」先行販売開始

投稿者:オイル屋本舗〜アボカドオイル 投稿日:2017年07月13日

富山県 富山市に 残る 戦国時代の 城生城 攻防戦 古戦場にて、本能寺の変以降、作付けされている
上質な 富山県産コシヒカリを先行発売。 

城生城(じょうのじょう)とは、富山県富山市八尾町城生字城鉄炮町(旧婦負郡八尾町城生字城鉄炮町)から富山市葛原(旧上新川郡大沢野町葛原)にかけての神通川西岸の丘陵地にあった戦国時代の城で、富山市史跡として指定されています。蛇尾城ともいいます。

城域は南北約750m、東西約1150m。丘陵の標高は124m(比高差は約50m)。東は神通川、西から北は土川が流れており、天然の堀による要害となっています。古くから飛騨街道の要衝となっており、また神通川の水運の面でも重要な拠点でありました。最盛期には城下に鉄砲鍛冶職人が多数居住しており、その名を旧八尾町側の地名に伝えています。(現在は山林が大半を占めており、城下町は存在しません。)

天正10年(1852年)本能寺の変で織田信長が明智光秀により討たれ、城生城も激しい籠城戦が2年にわたり繰り広げられました。上杉謙信配下の城主・斎藤信利が佐々成政の包囲を2年近く持ちこたえましたが、ついに内通者により、城の水脈を絶たれて落城することとなりました。そののち、前田利長の支配下に置かれ、役目を終えた同城は、慶長年間に廃城となります。

「戦国 合戦米」はこの合戦の地で戦国時代から500年にわたり続けられてきたコメ作りを正しく継承し、高品質な富山県産コシヒカリを限定的に生産しています。市販の量販店・スーパーなどで購入するお米とは全く違った 別次元の美味しさを、ごく一部の限られた方のみに500年間提供し続けてきたものです。

■ ニュース速報/投稿 インデックス ■
<現在のニュース>>>

富山県産コシヒカリ「戦国 合戦米 3合450g」(使い切り)ミニパック 登場!
2017年12月09日


富山県産コシヒカリ「戦国 合戦米 2kg」先行販売開始
2017年07月13日

消費税率変更に伴う価格変更のお知らせ
2014年03月31日


東日本大震災による、宅配便遅延に関するお知らせ
2011年03月13日

ニュース一覧



オイル屋本舗〜アボカドオイル・ホームへ戻る

ショッピング・ホームへ戻る

会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2017 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます