魚政の紹介

お店紹介

京都府丹後半島で地元の魚を中心に魚屋一筋50数年。

京丹後市網野町浅茂川港の水産仲買人で、浜での屋号は、キヨ。

住所 629-3101 京都府京丹後市網野町網野2707-17

代表 安達 敬子
従業員6名。アルバイト、パート数名。

取り扱い品 丹後を中心に日本海で揚がる海産物全般、松葉かに、
自家製「こだわり干物」を主に、その他丹後の特産品等。

名前の由来:魚政創業者の父、政幸の名を取り、魚政とし、
今はありませんが、地元網野マーケットで、40年前に開業。
浜の買い付けの屋号は、キヨ。母の名前の清子から。
実は、母、清子の行商から、魚政は、始まりました。
ですから、マルキヨ水産 魚政の名は、どちらも大切なのです。
一般には、魚政と呼ばれ、水産業者間では、キヨさんと呼ばれています。

昭和55年 現在の自宅に店舗を移店。
平成2年 舞鶴自動車道の開通により、お客様の流れが一新。
     お土産物も提供できるように店舗大改築。

平成10年 HP開設。
     
平成15年 業務拡張に伴い、倉庫、水槽部屋、作業場を増築。
     蟹専用水槽6機10層に拡大。
     同時に店舗外装、内装も一新。
     真っ赤な壁が目印

業務内容

地元一般の人への、小売業をベースに、旅館、民宿、料理屋、仕出屋等への
卸売りが中心です。

店舗内も松葉かに、こだわり干物を中心に地元海産物、お土産物も販売しています。

加工品も自ら手がけ、店頭の魚の干物「こだわり干物」は、すべて自家製品。
松葉かに等の湯がき物もすべて自家製品で、確かな美味しいものにこだわり
お届けしています。

他にも京都中央卸売り市場、但馬魚市場等への出荷業務。
地元スーパーへの買いつけなど、幅広く対応。

又、松葉かに、こだわり干物等、全国の顧客に通販業務も、行っております。


[写真を拡大する]
干物は、すべて手作り

[写真を拡大する]
確かな味でお届けします

[写真を拡大する]
店内の様子

略歴メディア、紹介実績

1999年 HP開設
2001年 地元松葉かにの専門サイト 名店館に出店
2001年 丹後カニファーラムに仲買人を代表し、パネリストとして登壇。
2001年 蟹のスペシャリストとして CS京都チャンネルに放映。
2002年 TBSサタモニ出演
2003年 当日本海ショッピングに出店
2003年 地元青年会議所の丹後の逸品として「こだわり干物」が掲載。
2003年 毎日放送 正月特別番組「せやねん」で茹で松葉かにの美味しい店として
    店舗紹介されました。
2004年 食のインターネットショッピングサイト「うまいもんドットコム」に出店
2004年 食のエンターメント雑誌「ダンチュウ」9月号にお店紹介記事掲載
2004年 極上の旬を集めた産地直送お取り寄せサイト「こんなの堂」に出店
2005年 日本テレビ「鉄腕ダッシュ」で、トキオの国分君と宇梶剛司さん来店で、
    松葉かにが取り上げられました。
2005年 京丹後市のショッピングサイト「京の丹後屋」に出店
2005年 オンラインショップ マスターズクラブに入会。


[写真を拡大する]
鉄腕ダッシュの取材

[写真を拡大する]
せやねん。 内場勝則、未知やすえ夫妻来店

[写真を拡大する]
痛快エブリディー タージンさん来店

2006年 讀賣テレビ 「みやね屋」に出演
2006年 「うまいもんドットコム」松葉かにの現地取材を受ける
2007年「文藝春秋 オール讀物」3月号にお店紹介記事掲載
2007年 大丸の290周年 記念事業商品に魚政の茹で松葉かにが選ばれました


[写真を拡大する]
うまいもんドットコム 社長 萩原さん来店

[写真を拡大する]
「文藝春秋 オール讀物」3月号に掲載

担当者紹介

名前 谷次 賢也

魚政では、地元海産物すべての仕入れ、業務用卸、お刺身、HPを担当。

昭和37年生まれの44歳 
家族は、妻 妻の両親、長女 長男 次男の7人家族。

子供の頃より、魚市場に行くのが大好きで、蟹洗いを中心に店のお手伝いに
励んでいました。ですから、魚屋の経験で言えば、30数年です。

地元の網野高校を卒業後、なぜか呉服屋に入り、その後京都の魚屋で3年間の修行の後、
26歳より、魚政に従事。

京都での魚屋での修行の際、全国各地の様様な魚を経験し、
改めて丹後の魚の美味しさに実感。納得。
僕の強みは、いろいろな魚(味)を経験出来たからこそと思っています。

お陰様で友人、知り合い、お得意先、家族に恵まれ、現在に至る。

ポリシー 旬が外れている魚、自分が食べて美味しいと思わない魚は、
     いくら安くてもまず仕入れません。(手が出ません)

欠点:人に言わせるといろいろと多いみたいですが、
   自分では普通と思っているところ。

   美味しそうな魚が揚がると、注文も無いのに買ってしまう事。
   しかし、得意先にも同じような人が居るので助かっています^^

   作り笑い、愛想が出来ないなど、その他は多数でご勘弁を

愛読書:美味しんぼ(特に47巻には、感動)、河岸3代目等簡単に読める食の雑誌^^
    掲載いただいた事がある雑誌。(ダンチュウ、宝島(予定))
趣味:サッカー観戦(特に子供たちの少年サッカー)
   地元サークルによる太鼓活動(酒飲み会のが多いかも)
   そして美味しい魚を食べる事、買う事、売る事^^
    


[写真を拡大する]
セリ場にて

[写真を拡大する]
大善丸 船長と

[写真を拡大する]
蟹小屋にて

海鮮の匠 魚政・ホームへ戻る

ショッピング・ホームへ戻る


魚政(うおまさ)の松葉蟹・セコガニ関連動画

魚政(うおまさ)の過去の特集記事


セコガニ宝船 甲羅盛り
魚政 (2014年特集)

蟹コンシェルジュの店
魚政 (2009年特集)

浜湯で松葉ガニコッペ
魚政 (200X年特集)



会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2017 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます