お勧め商品ピックアップ  全ての商品を見る

一夜干し・スルメ(2枚入り)
¥1,190

一夜干し・エテカレイ
¥1,190

一夜干し干物の詰め合わせ
¥3,240

丹後天然琴引の塩
¥540

茹で切り足ずわいがに5kg入り
¥17,480

カニ捌きのプロが営む日本海丹後のお土産屋

 京都北部の日本海に突出した美しい海岸線が魅力の丹後半島の西側にあたる網野町(京丹後市)で店舗を構える鮮魚店が「千翔 せんしょう」です。店長自ら包丁を握り料理長(板長)として地元での仕出し料理なども提供している料理のプロフェッショナルでもあります。冬の松葉蟹(間人蟹、津居山蟹)などの選別(目利き)はもちろん、サザエ、アワビ、イカ、エビ、鮮魚につきましても、店長自らが自信をもってお勧めする品のみを販売している鮮魚店です。2004年より全国の皆様に、「丹後沖の松葉蟹の素晴らしさ」を知って頂くために、日本海ショッピングに産地直送店として出店しております。

丹後半島沖でとれた間人蟹、津居山蟹、松葉蟹

松葉蟹漁の解禁日11月6日より松葉蟹の本場「網野 あみの」には、その名産の「松葉蟹」を求め、京阪神や関東はもちろん、日本全国から数多くのお客様が来訪されます。山陰には境港(島根県)・浜坂港(兵庫県)・香住港(兵庫県)、そして越前蟹の越前(福井県・石川県)など、数多くの松葉蟹の名産地が数多くありますが、千翔では、そんな松葉蟹の中でも「日帰り操業」を中心とする丹後半島(京都)の間人港の間人蟹(たいざがに)、但馬(兵庫県)の津居山港の津居山I(ついやまがに)、同じく兵庫県柴山港の松葉蟹(まつばがに)を全国のご家庭まで産地直送させて頂いています。上記の松葉蟹は、日本でも指折りの鮮度と品質を誇る松葉蟹です。丹後半島沖の同じ蟹漁場で水揚げされておりますので、品質などに差はございません。

千翔は毎日、活気づいて賑やかです。

かにちゃんあみの直行便というバスツアーがありまして、和歌山(有田鉄道)京都(丸中観光)大阪(ヤサカ観光バス)と3ヶ所からカニシーズン中毎日、網野に向かって出発しています。夕方までに着き、網野町、丹後町の民宿、旅館に分散します。そして翌日の朝、千翔が立ち寄り場所になっており、松葉がに、一夜干し干物、お菓子など丹後のお土産を買って帰られます。多い日はバス7台くらいの日もありまして、店はごった返し活気づいて賑やかです。バスで蟹を食べに網野へと考えておられるお方は、是非とも【かにちゃんあみの直行便】をご利用下さい。

丹後での宿泊の後はお土産探しにお立ち寄り下さい。

丹後でかに料理を食べた後は、帰路につく前に、千翔にお立ち寄り下さい。新鮮な活松葉カニ、間人カニ、津居山カニや、お手頃なずわいがに、干物、甘エビなどは是非店舗で確認してからお買い求め下さい。お漬け物や、お菓子の関係も幅広く取りそろえております。大型バス(40名以上)でも駐車が可能ですので、添乗員さんで網野町内のお土産屋をお探しの方もお気軽にお立ち寄り下さい。またシーズン中は、店舗前に松葉がにが勢揃いしますので、活気もあってとても賑やかです。丹後の最後の思い出づくりにどうぞ。

千翔 せんしょうへの交通アクセス

 【所在地】 〒629-3101 京都府京丹後市網野町網野小浜86番地の1 (地図表示)
お車【京都市内より】京都市内→京都縦貫自動車道→天橋立・宮津IC→網野町→千翔(国道178号線沿い) 【大阪より】大阪市内→舞鶴自動車道→福知山IC→R9、R175、R176、R312、R178→網野町→千翔(国道178号線沿い)  ※千翔はR178号線から網野南小学校へ曲がる側道の角に位置します。 【大型バス駐車可能】40名乗りサイズの大型バスの駐車も可能です。丹後でのお土産探しや活松葉蟹の購入ならお任せ下さい。
 駐車可能台数 10台 駐車料金(1台) 無料
電車北近畿タンゴ鉄道 網野駅(あみのえき)下車 駅前を走る国道178号線を網野市街地方向に約1km程進むと右手にあります(車で3分弱)
バスアクセス不可

ショッピング・ホーム

千翔の関連動画


千翔(せんしょう) 過去の特集記事


最高の一枚をお求めなら
千翔 (2006年特集)



会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2017 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます