間人かに(タイザガニ)の通信販売/産地直送
商品ジャンル【間人かに(タイザガニ)】

間人かに(タイザガニ)
たいざがに、ずわいがに、まつばがに
11月06日〜03月20日

関連ジャンル: 間人かに  | 松葉かに  | 津居山かに  | セコガニ  | 若松葉蟹(水がに)  | ズワイガニ  | カニスキ
海老(エビ)  | サザエ  | アワビ  | 岩牡蠣(初夏)  | 一夜干し干物

間人港での間人かにセリ風景

毎年冬には、間人蟹を求め多くの観光客が間人の地を訪れ、その美味しさに舌鼓をうつのが恒例となっている。間人蟹は間人で食するのも風流だが、車で10〜15分の隣町(網野)などの宿でも扱っているので、お財布にはこちらの方が易しい。

間人港(京都/京丹後市)

間人蟹の競りが行われる間人港は、京都最北端「京丹後市」の丹後町に位置します。11月6日の山陰ズワイガニ漁解禁日より、たいざがにの水揚げがあった日には、ここで蟹競りを見ることができます。

幻の間人かに(たいざがに)と呼ばれる由縁

  間人かに(ずわいがにの雄)は、京都北部の丹後半島・丹後町間人(京丹後市)の間人港(たいざこう)にて水揚げされた「ずわいがに」のことです。この間人港で水揚げされた雄の「ずわいがに」のみを「たいざかに」と呼びます。間人かに(たいざがに)は全国的な知名度も非常に高く、地元の間人地区や京丹後市内には間人を扱う民宿や旅館が数多く点在します。

  間人ガニが有名な理由は、間人港が丹後半島沖のズワイガニ漁場に近く、間人港漁協に所属のズワイガニ漁船(2016年現在で小型船5隻)が、その日とれたズワイガニをその日のうちに港に持ち帰る日帰り操業を行うことにあります。大きな港の大型ズワイガニ漁船が数日間帰港せず、沖合いに停泊しながら連日ズワイガニ漁を行うのに比べて、日帰り操業により格段に新鮮なズワイガニをその日のうちに港に持ち帰ることができるわけです。
  但し、冬の日本海は時化(しけ)が頻発するため、小型船で操業する間人港の間人かには、安定した水揚げが保証できないため、「幻の間人かに」ともいわれます。

  間人港以外の近郊の港も、間人と同様に小型のカニ漁船のみで構成される小さな港な為、同様に日帰り操業が行われています。しかし間人港の他港に先駆けた間人かにブランドのPR等により、「日帰り操業=間人かに」というイメージで全国ブランドとなりました。間人かには、福井県/越前海岸の越前がにと並び、現在では日本を代表する良質で有名なずわいがにとして広く知られています。

関連ジャンル: 間人かに  | 松葉かに  | 津居山かに  | セコガニ  | 若松葉蟹(水がに)  | ズワイガニ  | カニスキ
海老(エビ)  | サザエ  | アワビ  | 岩牡蠣(初夏)  | 一夜干し干物

間人かに(タイザガニ)の商品ラインナップ / 価格比較

現在このジャンルにて販売・予約可能な商品はございません。

会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2016 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます