若松葉蟹の通信販売/産地直送
商品ジャンル【若松葉蟹】

若松葉蟹
若松葉がに(わかまつばがに)、水蟹(みずがに)、もんがに
01月15日〜03月20日

関連ジャンル: 間人かに  | 松葉かに  | 津居山かに  | セコガニ  | 若松葉蟹(水がに)  | ズワイガニ  | カニスキ
海老(エビ)  | サザエ  | アワビ  | 岩牡蠣(初夏)  | 一夜干し干物

丹後・但馬産の若松葉蟹(丹後ひもの屋)

丹後・但馬産の若松葉蟹(丹後ひもの屋)

「若い」松葉蟹は、殻から身がスポッと抜け食べやすい!!

  松葉蟹や間人蟹などのズワイガニは、脱皮を繰り返してより大きな体へと成長する生物です。松葉蟹の脱皮したてのものを若松葉蟹(わかまつばがに、わかまつば)と呼びます。丹後半島の地元では「水蟹(みずがに)」として流通し、お求めやすい価格と味に定評がある蟹です。漁期は1月15日頃から開始となりますが、1月の若松葉蟹は、脱皮したばかりで身入りが悪いためあまりお勧めできませんが、2月初旬〜漁の終わる3月20日まで、身入りはどんどん良くなりますので、お勧めは2月上旬以降です。

丹後地方では蟹といえばこの若松葉蟹です

  丹後の地元では、高価な松葉蟹や間人蟹は高価すぎてほとんど食べられません。蟹を食べるといえば、11月6日の解禁直後から年末まで水揚げされるセコガニ、そして1月下旬から出回るこの若松葉蟹です。丹後では水蟹(みずがに)と呼ばれ、ほとんどの人はお店で湯がいて肩売りされているものを買い求めて食べます。

活きたままの若松葉蟹をご注文する際の注意

  活きた若松葉蟹は関節などの殻も非常に脆い為、自らの力で簡単に足を外したりしてしまいます。発送前に足を縛っても簡単に足が外れてしまう程です。あらかじめ足が外れて届く前提でのご購入をお願いします。足が外れても品質には全く問題はございませんが、ご自宅で茹でられるような場合は、あからじめ店舗で茹でられた若松葉蟹商品のお買い求めをお勧めします。

関連ジャンル: 間人かに  | 松葉かに  | 津居山かに  | セコガニ  | 若松葉蟹(水がに)  | ズワイガニ  | カニスキ
海老(エビ)  | サザエ  | アワビ  | 岩牡蠣(初夏)  | 一夜干し干物

若松葉蟹の商品ラインナップ / 価格比較

現在このジャンルにて販売・予約可能な商品はございません。

会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2016 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます