ニュース&トピックス

視認性&耐久性に優れた最終型の販売を開始しました

投稿者:森本流舟掛かり釣りウキ 投稿日:2017年07月06日

手作りの船釣り用ウキ一筋の森本流仕掛りウキです。

本日より最終型のウキの販売が開始となりましたのでご案内申し上げます。
従来のB型などのように、ウキ本体とウキトップ部をジョイント接続するタイプではなく、最終型は一体構造となっております。

頑丈で耐久性&視認性に優れた、全て手作りの全長約94cmにも及ぶ真鯛釣りなどに最適な仕掛りウキです。
沖での船釣りで使える究極の一本をお探しの方は、商品ページにて詳細をご確認ください。

商品詳細ページ
http://shopping.nihonkai.com/jiritsuuki/products/1499323214/

■ ニュース速報/投稿 インデックス ■
現在のニュース

視認性&耐久性に優れた最終型の販売を開始しました
2017年07月06日

ニュース一覧



森本流舟掛かり釣りウキ・ホームへ戻る

ショッピング・ホームへ戻る


一本で長く幅広く使えるのが森本流舟掛かり釣りウキです
既製品数本分に匹敵する自由自在な表現力を、発砲スチロールで表現
既製品のウキは、様々な浮力のウキを一通り揃えるだけで「一本の価格X数本分」と言うように結構な金額となってしまうものです。 こういった既製品のウキはプラスチック製であり大量ロット生産でありコストを安くできるのが特徴ですが、もともと重量があるプラスチック製のウキで繊細な浮力を調整するには無理があり、その結果、重さの違うウキを持ち込み、潮状況の変化にあわせて交換しなければならないこととなります。

森本流舟掛かり釣りウキは「発砲スチロール製」

私のウキは材料が発砲スチロールであり、この素材は浮力が一番強いのが特徴です。反面、ロット生産が出来ず油性塗料が塗れないなど、加工面/量産面での問題が多々あるウキ作りには難しい素材です。このウキ素材としては最高な発砲スチロールを使い、独自の加工技術でプラスチック並の光沢で完成した浮力に優れた軽いウキが森本流舟掛かり釣りウキです。塗装はもちろん、耐久性、実用性などに至るまで、実釣で培われたノウハウをがこの一本に集約されております

釣りに同じ条件はほとんどございません。潮の速い日も有れば、遅い日も有ります。シイラー(餌取り)等が居る時大きなオモリで早く棚に沈める必要があります。私のウキならたった一本で、スピィディーにシイラのいないタナ(深さ)まで仕掛けを誘導できます。
森本流舟掛かり釣りウキの取り扱いをよりわかりやすく説明させて頂く為に、取り扱い説明書(Adobe PDF形式)が御覧になれます。ご興味のある方は、以下のリンクよりどうぞ。
釣りサンデー(2001年12月)にて森本流舟掛かり釣りウキが紹介された時の記事です。


会員窓口トラベルフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海ショッピングからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社通販サイトを含め、弊社インターネット注文窓口を経由しない、掲載店舗とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2017 日本海ショッピング. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます