松葉蟹/せいこがにのお取り寄せできる産地直送店(間人蟹、津居山蟹、松葉蟹、せいこがに) 丹後半島(京都府)/但馬(兵庫県)編

松葉がに漁(ずわいがに漁)・かに解禁日直前特集2007(日本海ショッピング 冬の産地直送特集) 2007年10月30日号
カニ解禁☆カウントダウン | 松葉蟹/間人蟹(ズワイガニの雄蟹)の産地直送 | セイコガニ(ズワイガニの雌蟹)の産地直送
関連特集 → カニ解禁特集(トラベル) | 地蟹の食べれる宿 | ずわいがにの食べれる宿

松葉蟹/間人蟹/津居山蟹/柴山蟹のお取り寄せ/通信販売
お取り寄せ(通信販売)可能な松葉蟹、津居山蟹、間人蟹、柴山かには全てズワイガニの雄蟹です。お歳暮や贈り物選びでも人気のアイテム
越前蟹(越前港)、間人蟹など全国のズワイガニ漁で水揚げされる蟹の中でも丹後沖の松葉蟹、間人蟹、津居山蟹は屈指の品質と旨さ!
呼び方は地方/水揚げ港によって松葉蟹、間人蟹、越前蟹、柴山かにと変化しますが、雌蟹も同様にセイコガニ、香箱、セコガニと変化する

松葉がに(ズワイガニの雄蟹)  せいこがに(ズワイガニの雌蟹)



 島根県から北海道までの日本海側沿岸、オホーツク海、、、全国の漁港別に凌ぎを削るズワイガニ漁の漁場は、ズワイガニ漁に携わるカニ漁師にとって命がけの戦いの場であり、このカニ漁によってとられた戦利品「ズワイガニ」は、水揚げ港によって様々なブランド名で呼ばれ流通されます。

 間人蟹(京都北部/丹後半島/間人港産)、越前蟹(越前/三国漁港産他)などのトップブランドのブランド蟹を代表格に、津居山蟹、そして各漁港産の松葉蟹に至るまで、全ては雄のズワイガニのことを表します。日本海ショッピングで産地直送しているズワイガニは、「間人蟹」「津居山蟹」「松葉蟹」の3ブランドであり、もちろん腕にタグ(プラスチック製)の漁港/漁船証明が付いたものですので、安心してお求め/お取り寄せください。

 産地直送している松葉がにをお求めの際は、以下のポイントを参考に。
状態
の違い

活け
活蟹
(かつがに)

活きたままのズワイガニです。蟹刺しをはじめとしたお刺身からあらゆる料理でお召しあがり頂けます。通常、到着時に活きています。姿のままですので、調理にはもちろん解体が必要となります。「生」や「冷凍」状態のものと比べ鮮度が極めて優れている為、高くなります。
生蟹
生(なま)

活きていない生状態のズワイガニです。
冷凍
地冷(じれい)

相場の安い時期に冷凍したズワイガニです。安価で蟹味噌の質も良く、隠れた商品です。北洋産の冷凍ズワイガニ蟹とは比べものにならない程、美味で味噌の状態も良いのが特徴です。
茹で蟹
湯がき
ボイル蟹

販売店が独自の技術/経験で湯がいたズワイガニです。赤色が茹で蟹であることの証です。店舗によって塩加減/茹で加減も違うので、食べ比べしてより好みの茹で蟹を探すことをお勧めします。
品質
の違い

特選
足揃い

蟹の足は基本的に10本(うち2本は爪足)ですが、一番後ろの小さな足(2本)は基本的に評価されません。従って小さな足2本を除いた残り8本の足が全て揃っているものをこれらの呼称で呼びます。但し、店舗によっては10本揃っているものしか特選と呼ばない場合もございます。詳しくは各店舗の商品詳細にて確認ください。
足落ち
足落ち蟹
B級品

その名の通り、小さな足(2本)を除いた残り8本の足のうち、いずれかが落ちた蟹を意味します。但し、落ちている足の本数は明確ではありません。店舗により「残り8本のうち2本まで」などの規定が違います。またB級品は、身詰まりの悪いものやヤケ(お腹の黒いもの)のものも含まれます。
大きさ
の違い

中サイズ、大サイズ、特大サイズ、特々大サイズなど、サイズの表現は販売店舗の定義により異なります。そこでズワイガニの大きさの表現には一杯あたりの重量が目安となります。蟹の重量は小さいものは300g程度のものから、上は1500g程度までと幅広く当然値段も異なります。日本海ショッピングで主に販売されているのは、600g程度のものから1300g程度までのものです。1500g近いサイズのものは水揚げ量が極めて少なく、水揚げ数が限られることから程度の良し悪しもあり、博打的な商品になりますので、あまりお勧めできません。比較的水揚げ量のあるサイズから、程度の良いものを選んでくれる(外れの蟹は仕入れない&販売しない)店舗を見つけることの方が重要だと考えます。

活きた松葉蟹(マツバガニ) [浅茂川港産 松葉がに]
活きた間人蟹(たいざがに) [間人港産 間人がに]
活きた津居山蟹(ついやまがに) [津居山港産(兵庫県/豊岡市) 津居山がに]
活松葉蟹(マツバガニ) [浅茂川港産 松葉がに]の仕入れ/仕分け作業 ゆで松葉蟹(マツバガニ)

間人ガニ/たいざがにの価格比較/産地直送 津居山ガニ/ついやまがにの価格比較/産地直送 松葉ガニ/まつばがにの価格比較/産地直送

通信販売店
間人蟹
たいざがに
(タグの色)

津居山蟹
ついやまがに
(タグの色)

松葉蟹
まつばがに
()

備考
活蟹
足落
湯蟹
活蟹
足落
湯蟹
活蟹
足落
湯蟹
丹後ひもの屋









松葉蟹は浅茂川港産(京都/京丹後市)、柴山港産(兵庫県/豊岡市)が中心ですが、水揚げが少ない場合は浜坂港産松葉がになどを使用することがございます。
海鮮の匠 魚政









間人蟹は間人蟹もしくは浅茂川港産「松葉蟹」(京都/京丹後市)のいずれかのお届けとなります(ブランド指定不可)。魚政では津居山蟹と松葉蟹を区別していません(同商品、ブランド指定不可)
千翔









千翔では、津居山蟹と松葉蟹を同商品として販売していますのでブランド指定はできません。
田政水産









天橋立にある田政水産は、舞鶴蟹(まいづるがに)、津居山蟹、柴山かに、香住港産の松葉蟹を「松葉蟹」として販売しています。ブランド指定不可。

間人蟹(たいざがに) 産地直送・通信販売/商品一覧
間人蟹(タイザガニ)
産地直送・通信販売/商品一覧

津居山かに(ついやまかに) 産地直送・通信販売/商品一覧
津居山蟹(ついやま蟹)
産地直送・通信販売/商品一覧

京都府/京丹後市 丹後ひもの屋

 丹後ひもの屋は、旅館「レイクサイド琴引]を兼業する蟹屋さんです。間人蟹(タイザガニ)、松葉蟹(マツバガニ)などの京都府産のずわいがにから、津居山蟹(ついやまがに)、柴山かに(しばやまかに)まで幅広いズワイガニを一括で仕入れ取り扱っています。蟹の湯がきはもちろん店舗内で日々行われ、冬の地魚を使った干物などと共に、お土産として直接購入することができるのが好評です。

 昨年は、間人蟹と松葉蟹などの地蟹のみを使った調理済みのカニスキセットが特に好評で、活蟹、湯で蟹、せいこがにと組み合わせて、様々なお歳暮セットをつくれる程、蟹やそれ以外の商品も充実しています。料理が苦手、あまり手間をかけずに美味しい商品をお探しなら、丹後ひもの屋の商品は特に際だちます。

 【注目の松葉がに商品】
活け間人蟹(1.2kg以上)→ブランド蟹の代名詞「たいざがに」
湯で津居山蟹(1.2kg未満)→兵庫県北部のトップブランド蟹
活じめ蟹セット→松葉蟹、津居山蟹を使った究極の蟹鍋料理
間人蟹・活じめ蟹セット→間人蟹を使った究極の蟹鍋料理

鯛しゃぶしゃぶ/間人かにすきセット
調理済みカニスキセット/間人蟹・津居山蟹・松葉蟹
松葉かに(まつばかに) 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉蟹(まつば蟹)
産地直送・通信販売/商品一覧

松葉かに(まつばかに) 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉蟹(まつば蟹)
産地直送・通信販売/商品一覧


大善がに(だいぜんがに=まつばがに) 産地直送・通信販売/商品一覧
大善がに(だいぜんがに)
産地直送・通信販売/商品一覧

大善がに(だいぜんがに=まつばがに) 産地直送・通信販売/商品一覧
大善がに(だいぜんがに)
産地直送・通信販売/商品一覧

京都府/京丹後市 海鮮の匠 魚政

 仲買人(浅茂川漁港)ならではの豪快で確かな目利きで、丹後近郊の良質な活蟹を仕入れる魚政は、日本海ショッピングではすっかりお馴染みのお店です。大善がには、浅茂川漁港で水揚げされる松葉がにのことで、この蟹を購入するなら魚政が一番のお勧めです。

 仕入れた活蟹は、店内の数種類の生け簀で丁寧に管理され、お客様の元へ産地直送出荷する直前まで、新鮮なまま丁寧に扱われるのが特徴です。また活蟹の管理だけではなく、魚政の湯がき技法は独自技法を貫いており、塩加減も絶妙です。詳しくは特集記事にて参照ください。

 日本海ショッピングでは、今年、丹後近郊の主要三港の色違いタグの松葉がにを食べ比べる「茹で松葉かに三港食べ比べセット」に注目しています。

 【注目の松葉がに商品】
茹で松葉かに三港食べ比べ→三港の松葉蟹を使った贅沢な食べ比べ
活け間人かに大善かに(中)→日帰り操業の極上活蟹ならこれで決まり
活け松葉かに(特大)お買い得品→足落ちなどでお値段もリーブナブル

魚政の浜湯で松葉蟹、浜湯でコッペ蟹特集
丹後近郊・主要三港の松葉蟹の食べ比べセット 産地直送・通信販売/商品一覧
主要三港食べ比べセット
産地直送・通信販売/商品一覧

お買い得 活け松葉蟹/津居山蟹 産地直送・通信販売/商品一覧
お買い得/足落ち 活松葉蟹
産地直送・通信販売/商品一覧

間人蟹(タイザガニ) 産地直送・通信販売/商品一覧
間人蟹(たいざがに)
産地直送・通信販売/商品一覧

雄雌セット(だいぜんがに=まつばがに) 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉蟹 雄雌セット
産地直送・通信販売/商品一覧

京都府/京丹後市 千翔(せんしょう)

 国道178号線の網野の市街地にお土産店を構える千翔は、地元では仕出し料理なども扱う板場のあるお店として有名です。間人蟹(たいざがに)、津居山蟹、松葉蟹の3種類のブランドの地蟹、そしてコッペガニ(せいこがに)を扱い、冬の蟹漁シーズンは、毎日店内の板場で、新鮮な活きたままの蟹を専用鍋でゆであげています。

 湯がきはオーソドックスな鍋湯でですが、数杯ずつ時間と手間をかけ、料理人の湯がき技術を駆使して丁寧な仕事をひたすら続けます。清潔感があり整頓された板場を眺めるだけで、お客様に丁寧な仕事をしていることが素直に理解できる店です。

 【注目の松葉がに商品】
活け松葉かに(特大)お買い得品→大きくて安い!人気の足落ち活蟹
湯で間人かに(特大)→千翔の最高品・間人蟹の特大湯がき姿
湯で松葉かに大×1+せいこがに小×3で到着後直ちに食べ比べ!
湯で松葉かに大→最高のお歳暮!間違い無い心のこもった贈り物

津居山蟹/間人蟹のお取り寄せ、拘りの一枚なら千翔 ☆ 11月6日解禁
松葉蟹/間人蟹 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉ガニ/間人ガニ
産地直送・通信販売/商品一覧

松葉蟹/間人蟹 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉ガニ/間人ガニ お買い得品
産地直送・通信販売/商品一覧

松葉蟹(マツバガニ) 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉蟹(まつばがに)
産地直送・通信販売/商品一覧

松葉蟹(マツバガニ) 産地直送・通信販売/商品一覧
松葉蟹(まつばがに)
産地直送・通信販売/商品一覧

京都府/宮津市(天橋立) 田政水産

 京都北部最大の景勝地・日本三景のひとつにも数えられる「天橋立 あまのはしだて」に、地元産の活きた松葉蟹を扱う店舗として館を構えるのが田政水産です。宮津市は舞鶴市(まいづるし)に近く、活きた舞鶴蟹(舞鶴港産)を扱う日本海ショッピング唯一のお店です。この舞鶴蟹に加え、既にお馴染みの津居山蟹、香住や柴山の松葉蟹などを幅広く扱い、これらを地元の「松葉蟹」として販売しています。

 京阪神からも高速でアクセスしやすい天橋立の観光の際にも、良い活蟹探しの為の重要な拠点になるはずです。

 【注目の松葉がに商品】
特選活松葉蟹(800g〜1000g)→田政の蟹の味試しならこちらがお勧め
特選活松葉蟹(1000g〜1200g)→特選の品質もかなりお得な料金設定です







日本海ショッピングでは、サイト開設当初から丹後の主要港でとれる松葉蟹、間人蟹や丹後近郊の津居山蟹、柴山かに、セイコガニなどの丹後沖のかに漁場でとれる蟹を長年販売しております。日本海ショッピングでせいこ蟹を販売/紹介している店舗は、全て弊社地元スタッフが取材を重ね、信頼のできる店舗のみ紹介させて頂いております。自社サイトの宣伝ならどこでも自社製品を「旨い」と表現できるでしょうが、日本海ショッピングは、取材な商品内容を冷静に評価し、第三者的な位置づけから商品紹介&注文をお受けしているサイトです。初めてご注文のお客様も、どうぞご安心してお好みの蟹商品/お歳暮 商品をお選びください。丹後の蟹探しなら丹後発の情報サイト「日本海ドットコム」にお任せください。


カニ解禁☆カウントダウン | 松葉蟹/間人蟹(ズワイガニの雄蟹)の産地直送 | セイコガニ(ズワイガニの雌蟹)の産地直送
関連特集 → カニ解禁特集(トラベル) | 地蟹の食べれる宿 | ずわいがにの食べれる宿